新月のアファメーション|3月魚座の新月|「風邪」ひくのは夜中?簡単風邪防止法!

新月の願い事2008年

2008年3月8日2時15分の新月【魚座】 Part1

まんまるハートの木山愛深(あみ)です^^

本日は、魚座の象徴キーワードの中、

「風邪」に関するお話しをしますね。

今日は、最近手にした本をご紹介しながらのお話です。

ぬれマスク先生の免疫革命

臼田 篤伸 (著)

あなたは、「風邪はいつひくのか」ご存知ですか?

私たちが風邪をひく時・・・それはほとんどの場合、

「夜中(睡眠中)」なのです。

「そういえば、起きがけにノドが痛かったりするかも?」と思い当たることがありますよね。

この理由は、大きく2つ!

一つ目は、自律神経が、【副交感神経】優位

二つ目は、【ゴックン】できなーい!

一つ目の自律神経とは、意思に関係なく、内臓、血管などの働きをコントロールして、体内の環境を整える神経のことです。

自律神経には、

○交感神経(起きている時の神経・緊張している時の神経)と

○副交感神経(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)があります。

この2つは、1つの器官に対して互いに相反する働きをしていて、

【2つのバランスが上手くとれていることが健康】に繋がるのですね。

現代人は特に、生活習慣の乱れやストレス過多で、この2つのバランスが崩れて健康を害することが多いのです。

そして寝ている間、からだはリンパ球の活動を支配する副交感神経優位になります。

このリンパ球は、軽い風邪ウイルスだと防衛して治してくれるのですが、大量&強力ウルスだと、リンパ球による炎症反応が起こってしまい、腫れや鼻水など、風邪症状が進行していってしまいます。

起きている交感神経が優位な時の方が、アドレナリンがリンパ球の活動を適度に押さえてくれるので風邪ウイルスがつけ入るすきがないのですね。

これは、気が張っているときに風邪はひかない、ほっとしたとたんに風邪をひく、といわれている理由でもあるのです。

では、二つ目のゴックン、とは?

唾液や水や食べ物を飲み込む、「嚥下」(えんげ)のことです。

このゴックンは、うがいでも落ちることのない、

【上気道に張り付いたウイルス】を流してくれるのです。

流されたウイルスはどこへいくのか?

【胃】ですね。

そして、強力な胃酸で、流されたウイルスは消化されてバイバイ!

ところが、眠ってしまうと、このゴックンができなくなりますね。

人間は目覚めている時に、1000~2000回の嚥下をしているそうです。

ゴックンできない睡眠中、しかも副交感神経優位。。。

風邪が進行するのは、まさに睡眠中!というわけです。

そこで、本の題名にもついている【ぬれマスク】の登場です!

身体を休めるためにも、睡眠中に副交感神経優位をとめるわけにはいきませんから、

【上気道の乾燥】を防ぐことをしてあげましょう。

乾燥を防いで、粘膜の活力を強めましょう。

◆準備◆木綿のガーゼマスク

◆やり方★

1.ガーゼマスクの上方の三分の一を、外側に折り返します。

2.ガーゼマスクの折り返した部分を水で濡らします。

3.鼻にかからないように、口だけにマスクをします。

あとはこれで眠るだけ(^-^)

ちなみに、本にはこのように載っていますが、我が家はとっても乾燥するみたいで、あっという間にマスクが乾いてしまいます。

なので、マスク全部を水で濡らしています。

これだけのことで、風邪をひく確率は断然低くなりますよ。

また、このぬれマスクは、口呼吸、鼻呼吸とも関係あったり、頭痛や花粉症、アトピー、喘息、歯並びにも改善がみられたという報告も!

ぜひ、やってみてくださいね(^_^)

では、あたたかな魚座新月をお過ごしください☆

投稿者プロフィール

木山愛深(きやまあみ)
木山愛深(きやまあみ)スピリチュアルカウンセラー
恋愛・人間関係に悩む人の潜在意識をリセットするのが得意。4000人を超えるお客様の悩みを脳科学・心理学・波動ヒーリングで解決。月光浴と海と花が好き。息子二人のシングルマザー。
運氣UP お月様パワーメルマガ登録のご案内

メールマガジン「運気UP お月様メルマガ」にご登録いただくと・・・

1)ご登録から10日間、願望実現率を高めるための「あなたのチャクラ・オーラ診断&活性法」をお届けします。

2)新月の前日と当日に、新月の願い事具体的事例集が記載されたメールを、お送りいたしますので、
うっかり願い事をし忘れる心配がありません。

3)満月の日のお知らせや、その月に最適な満月の過ごし方を書いたメールをお送りいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
新月の願い事2008年
シェアする
願いを叶えて、まんまるハートになるサイト