新月の時間2月|新月の願い事|水瓶座|「若返り」お水を細胞へ行き渡らせる方法

新月の願い事2010年

2010年2月14日11時49分の新月【水瓶座】 Part1

まんまるハートの木山愛深(あみ)です^^

本日は、水瓶座の象徴キーワードの中、

「若返り」についてお話しますね♪

ギリシャ神話では、水瓶座を象徴する水瓶は、

全身が金色に輝く美少年の王子、ガニメディウスが持っていた瓶と言われています。

永遠の若さと美しさをもつガメニディウスの水瓶から流れる水は、

この世界を浄化する聖なる水、神々の知恵の源となる水、なのですね。

この水がめのお水、飲んでみたいですね~♪

浄化と知恵の享受に加えて、なんだかとっても若返りする気がします。

私たちは、ガメニディウスの水を飲むことができない代わりに、

若返りするお水の飲み方をしてみてくださいね。

お肌に適度な水分量があると、⇒若さを感じますね。

そのお肌の適度な水分は、クリームなどで外側から補うより、

からだの内側から与えてあげたほうが、

本当の意味で、自分で潤うお肌になれるんです。

だけど、お水の飲み方をうっかり間違えてしまうと、

からだの細胞内に行き渡らずに、むくみや冷えの原因だけをつくってしまい

健康体や若返りとは逆行してしまいます!

お水は、

「からだを温めながら」「常温のお水」を「ちびちび飲む」がオススメです。

ぎゃくに、冷たいお水をがぼがぼと一気飲みしていたら、

あっという間に尿となってしまいます!

尿となればまだいいのですが、排泄力のない人は、

むくみや冷えを増長するばかり。

そもそも、その口から入った水分は、そのまま細胞へと届くわけではないですね。

まずは、胃や腸から血液に吸収されます。

その時の吸収力は、「熱」の力で行われています。

だから、冷たい水分を摂って、胃や腸の細胞が冷えすぎると

血液への吸収という働きが、充分にできなくなってしまうのです。

また、そこで血液中に水分がしっかり入ったとしても、

その血液中の水分を細胞の中へと取り込むためには、「熱」が必要。

臓器や組織が冷えていると、必要な水分を取り込むことができなくなって、

水分は、細胞と細胞の間の細胞外液に溜まってしまうんです。

もうおわかりですよね~

これがかの有名な「むくみ」です^^;

細胞からは、「水分ちょーだい!」と言われていて、

その「水分」ちゃんと口から摂っているのに、

本当に必要なところには届いていない、という現象が起こっているのです。

今月の新月キーワードには、「ふくらはぎ」「血液循環」も入っています。

からだを温める⇒とくに下半身の冷え対策は必須です。

心臓から一番遠い足には、心臓のポンプ作用がなかなか及びません。

1日の終わりには、日中ずっと足を心臓から下の状態を続けた結果

ふくらはぎあたりの細胞外液にたっぷり溜まった老廃物が、

戻れなくなって悲鳴をあげているのです。

むくみパンパン、冷え冷え~状態なのですね。

これは日々ケアをしてあげないと、睡眠中だけではなかなか回復できず、

どんどん冷えやむくみが溜まっていきます。

日中のケアでも対策を!

★足首の曲げ伸ばし運動(ひざは伸ばした状態で)

★ふくらはぎのモミモミマッサージや圧迫刺激

★かかとの上下運動

上記★3つの詳しい動きは、2008年の水瓶座参照

ぜひ、この水瓶座の新月をきっかけに、

若返りのためにも

水分調節をできるからだになっていってくださいね♪

続きは、2月新月水瓶座の新月コラムPart2にて。

投稿者プロフィール

木山愛深(きやまあみ)
木山愛深(きやまあみ)スピリチュアルカウンセラー
恋愛・人間関係に悩む人の潜在意識をリセットするのが得意。4000人を超えるお客様の悩みを脳科学・心理学・波動ヒーリングで解決。月光浴と海と花が好き。息子二人のシングルマザー。
運氣UP お月様パワーメルマガ登録のご案内

メールマガジン「運気UP お月様メルマガ」にご登録いただくと・・・

1)ご登録から10日間、願望実現率を高めるための「あなたのチャクラ・オーラ診断&活性法」をお届けします。

2)新月の前日と当日に、新月の願い事具体的事例集が記載されたメールを、お送りいたしますので、
うっかり願い事をし忘れる心配がありません。

3)満月の日のお知らせや、その月に最適な満月の過ごし方を書いたメールをお送りいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
新月の願い事2010年
シェアする
願いを叶えて、まんまるハートになるサイト