171年ぶりの「後十三夜(のちのじゅうさんや)」

新月の願い事2014年

まんまるハートの木山愛深(あみ)です(^_^)

11月5日水曜日のお月さまは「後十三夜(のちのじゅうさんや)」

とよばれる、とてもめずらしいお月さまです。

古来より日本では「お月見」を楽しむ風習がありますよね。

●旧暦の8月15日「十五夜(中秋の名月)」

●旧暦の9月13日は「十三夜」

そして、この2014年には、「閏(うるう)9月」があるので

※閏月については後述

●2度目の旧暦9月13日が存在します。⇒「後十三夜(のちのじゅうさんや)」

それが今夜の11月5日

後の十三夜月が見られるのは久しぶりで、1843年以来、171年ぶり☆

日本古来の風情は、私たちのDNAを刺激して躍動させてくれますよ。

感動した時って、「心躍る」ともいいますよね。

空に浮かぶお月さまを眺めて、心が揺れる…

揺らぎってね、固まったものをほぐして要らないエネルギーを浄化し、

心をあたためてくれるのですよ。

お月さまの(計算地:東京)

月の出 15時40分

月の入 03時53分

「後十三夜(のちのじゅうさんや)」

ぜひ、眺めてみてくださいね。

※閏月とは

旧暦は月の満ち欠けによる太陰暦なので、現在用いられる太陽歴とは1年の日数に違いがあります。

月の満ち欠けの周期は29.53日で、これを12倍すると354.3日。

1年間365日とは、およそ11日の差です。

つまりは、毎年11日ずつ差が広がって、季節がずれていきます。

この日数差を埋めるために、

旧暦では閏月を挿入し、帳尻を合わせています。

そして閏月は、2月29日のように決まった月日を増やすのではなく、

月の周期にあわせて挿入される月が変わります。

今年2014年は、171年ぶりに旧暦の9月と10月の間に閏9月が調整で入ったために

9月13日の「十三夜」が2度あって、これが「後十三夜(のちのじゅうさんや)」なのです。

愛と感謝をこめて。 . *:・ ^ ☆

木山愛深(あみ)☆

投稿者プロフィール

木山愛深(きやまあみ)
木山愛深(きやまあみ)スピリチュアルカウンセラー
恋愛・人間関係に悩む人の潜在意識をリセットするのが得意。4000人を超えるお客様の悩みを脳科学・心理学・波動ヒーリングで解決。月光浴と海と花が好き。息子二人のシングルマザー。
運氣UP お月様パワーメルマガ登録のご案内

メールマガジン「運気UP お月様メルマガ」にご登録いただくと・・・

1)ご登録から10日間、願望実現率を高めるための「あなたのチャクラ・オーラ診断&活性法」をお届けします。

2)新月の前日と当日に、新月の願い事具体的事例集が記載されたメールを、お送りいたしますので、
うっかり願い事をし忘れる心配がありません。

3)満月の日のお知らせや、その月に最適な満月の過ごし方を書いたメールをお送りいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
新月の願い事2014年
シェアする
願いを叶えて、まんまるハートになるサイト