ブルームーンとは?どのくらいめずらしいの?次はいつ?

満月の過ごし方

■ブルームーンが起こる理由と、どのくらいめずらしいの?

ブルームーンは、だいたい3年に一度くらいみることができる満月です。

もともと昔は、世界のほとんどの国で、月の満ち欠けを基準にした暦(こよみ、カレンダーのことですね^^)を使っていました。

太陰暦(たいいんれき)という暦です。

太陰暦では、

新月が月の最初の日
15日頃の夜の月が満月

月光のとても明るい満月には、日本でも十五夜お月見やお祭り、盆踊りなどの風習がありました。

このように昔の暦では、満月は月の真ん中に一度だけめぐるお月さまだったのです。

でも、近年は、月ではなく、太陽を基準にした太陽暦(たいようれき、グレゴリオ暦)へと変わっていきました。

そのため、

太陰暦⇒月の満ち欠けの周期:平均29.5日(月の日数を29日と30日のいずれかで構成)
太陽暦⇒28日~31日のいずれかで構成

このように、月の満ち欠けの周期とはずれてしまいました。

そのために、ブルームーンと呼ばれる、1か月の内に、2回の満月がめぐる月ができるようになったのです。

月のめぐりを基準とした太陰暦で生活してきた人々にとって、1ヶ月の中で2度の満月を迎えることは、とてもめずらしいことだったのですね。

■ブルームーンBlueMoonといわれる理由

1ヶ月の中で2度の満月がめぐってくることを、「ブルームーンBlue Moon」と呼ぶようになったかは諸説あるようです。

・英語のDouble Moon「2度の満月」が変化したという説
・「とても稀なこと」だから「ブルームーンBlue moon」と呼ばれるようになった説

ブルームーンBlue Moonとは名の通り、「青く見える月」

火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの影響で、本当に月が青く見えることがあるそうです。

でもそのような現象はとってもめずらしいので、「とても稀なこと」=once in a blue moonと言われ、ここが語源となっているようです。

このように、めずらしいブルームーンなので、「ブルームーンを見ると幸せになれる」といった言い伝えが世界各地にあるのです。

■ブルームーン2015年の次はいつ

2015年7月2日と31日の次は、2018年です!

2018年1月2日と31日

2018年3月2日と31日

2020年10月2日と31日

2023年8月2日と31日

2026年5月2日と31日…

どうぞステキなブルームーンの時をお過ごしください(^_^)

投稿者プロフィール

木山愛深(きやまあみ)
木山愛深(きやまあみ)スピリチュアルカウンセラー
恋愛・人間関係に悩む人の潜在意識をリセットするのが得意。4000人を超えるお客様の悩みを脳科学・心理学・波動ヒーリングで解決。月光浴と海と花が好き。息子二人のシングルマザー。
運氣UP お月様パワーメルマガ登録のご案内

メールマガジン「運気UP お月様メルマガ」にご登録いただくと・・・

1)ご登録から10日間、願望実現率を高めるための「あなたのチャクラ・オーラ診断&活性法」をお届けします。

2)新月の前日と当日に、新月の願い事具体的事例集が記載されたメールを、お送りいたしますので、
うっかり願い事をし忘れる心配がありません。

3)満月の日のお知らせや、その月に最適な満月の過ごし方を書いたメールをお送りいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
満月の過ごし方
シェアする
願いを叶えて、まんまるハートになるサイト