木山愛深のアロマの学校

木山愛深のアロマの学校

引き寄せアロマの教科書 波動と潜在意識アロマ

自己肯定感を高めるアロマ

自己肯定感を高めるアロマ

まんまるハートの木山愛深(あみ)です(^_^)

今日は、自己肯定感を高めるアロマ(エッセンシャルオイル)のお話をしますね。

あなたは、自己肯定感高い方だと思いますか?

「自己肯定感」とは?

漢字の通り、自分で自分のことを肯定している感覚のことです。

「自己肯定感」が高いと

  • 自信が持てて、自分へと安心感を感じることができます
  • 他人との比較が必要なくなるので
  • 周りに振り回されにくい自分でいられるし
  • 自分のことを尊重できて、他の人のことも尊重できます

とても生きやすくなるのですね^^

でもこの自己肯定感、

「私は私のことを肯定的に感じていまーす!」

と、アファメーション(肯定的宣言言葉)を繰り返しても

なかなかうまくいきにくいです。

そしてね、そういった人がうっかり陥りやすい自己肯定は・・・

「自分の良いところだけを感じながら肯定する」

なんです。

この世には、100%完璧な人っていないから、

だれしもかならずなにか、欠点やネガティブ要素を持っていますよね。

そういった自分の弱みもまるごと受け入れて、自分にOK!を出すことが本当の自己肯定。

それができるようになるとね、

すぐ近くにいる人は、安心するんです。

「ああ、この人は、弱さにもOK出せる人なんだな。

自分に弱みがあっても大丈夫なんだな」

こんな感じ^^

すると、周りの人たち、大切な人から、いっぱい愛されまーす☆

 周りの人たちから愛される

その反対に

自己肯定を間違えちゃっている人

自分の弱みはひた隠しにして、がんばってポジティブなすごい人!をやっているから

すぐそばにいる人は

「自分は受け入れてもらえなさそうだな」

と、距離を縮められなかったりします。

そして「あれ?私って、なんか避けられてる?もっと私、ポジティブにがんばらなきゃ!」

と、さらに間違えた自己肯定を増やしてしまう・・・

せっかくがんばっているのに、もったいないですよね。

こういった自己肯定感は、ハートチャクラととても関係しているんです。

ここでアロマの登場!

自己肯定感を高めてくれるエネルギーのアロマとは

最高級品質の大好きな香りを日々嗅いでいると

胸が、ハートが、自然に開いていきます^^

無意識や記憶に変化を与える香りの秘密
香りをキャッチする脳内の感覚器は【嗅球】といいまして、記憶や感情を司る脳分野のすぐそばにあります。五感の中で唯一、理性脳を通過せずに、ダイレクトに本能(大脳辺縁系)に届くため、無意識や記憶に変化を与えてくれるのです。

良いことや強いことだけじゃなくて、悪いことも弱いことも、ぜーんぶ受け入れるためには

「ハートの大きな開きと自由自在の動き」が必要なんです。

エッセンシャルオイルの種類でいえばね

  • ハートをひらくのが得意なオイルは【ユーカリ】
  • 言葉コミュニケーションを高めてくれるエネルギーもプラスすると【マートル】
  • 浄化力大きく、クリーンな浄化&自分リセットには【パイン】

がおすすめ^^


そして

このオイルたちが全部つまっているブレンドオイルもあるのですよ☆

それは

『アールシー』(メーカー:ヤング・リヴィング社)

<<成分>>
ユーカリ葉油(ユーカリグロビュラス)†、ギンバイカ油(マートル)†、セイヨウアカマツ葉油(パイン)†、マヨラナ葉油(マジョラム)†、ユーカリプツスラジアタ葉油†、ユーカリシトリオドラ油†、ラベンダー油†、イタリアイトスギ葉/実/茎油(サイプレス)†、クロトウヒ葉油(ブラックスプルース)†、セイヨウハッカ油(ペパーミント)†

使い方は、手のひらに数滴落として香りを嗅いだり、

ディフューザーで、空間に噴霧させるのもとってもおすすめ!

睡眠中にディフューズして、ずっと呼吸で吸い込むのもさらにおすすめ☆

『アールシー』を使う方はぜひ

「自分の強みも弱みもぜーんぶ丸ごと受け入れるからこそ自己肯定☆ハートよ開け!」

こんな風に意図して、使ってみてくださいね^^

ヤングリヴィング製品は、つぎの画像リンクよりネット通販でお手軽に購入できます。

ヤングリヴィングネット通販入り口

1)最初にページを開くと【シェアリング会員】にチェックがありますので、ここを無視して

2)「プレミアム会員」の枠内に、「製品カタログ」と書かれたリンクボタンがありますので、ここを押してページを移動します。

3)お好きな製品をカートに入れて、チェックにお進みください。

※紹介IDは「1452761」(まんまるハート株式会社)をお使いください。

※割引率37%の【会員登録制度】にご興味ある方は、こちらのページをご覧ください。